茶道で脳活。脳を活性化する茶道を学べます。

21 Sep 2018

このコースは、全6回で、茶道の文化と精神を学び、お客様に美味しいお茶を点てて差し上げる楽しさを体感して頂きながら、脳を活性化します。最後の6回目は、発表会として、お茶会を開催し、お点前を披露して頂きます。お友達や家族をお呼びすることも可能です。

茶を点てる所作は、テーブルの点前で行いますので、畳には座りません。従って、足の痛みも気にせず、お茶を点てることに集中できます。それでも、正しい姿勢、美しい所作、おもてなしの精神をしっかり身に付けることが可能です。そして、茶を点てる所作を学びながら脳を刺激し、集中力、記憶力、洞察力、観察力などを養います。

伝統文化は脳の活性化に最適!
日本の伝統文化、特に茶道や書道は、その技を習得するということだけではなく、脳を活性化するのに非常に効果的です。 もちろん、脳を活性化するプログラムは多数あり、伝統文化である必要はありません。茶道は、現代の生活スタイルの中で、なくてはならないものではないですが、未だに多くの方が楽しみながら嗜んでいます。それは、技を習得することより、脳と心を刺激し、充実感が得られ、さらに社会人としてのステータスをも向上させるというポジティブな要素がたくさんあるからです。

 

開催日時:

 

2018年10月20日(土)10時ー11時 60分
2018年10月27日(土)10時ー11時 60分
2018年11月3日(土)10時ー11時 60分
2018年11月10日(土)11時30分ー12時30分 60分
2018年11月17日(土)10時ー11時 60分
2018年11月24日(土)10時ー12時 120分

 

 

第1回 茶道は日常生活にどう役に立つ?

●茶道の基本と利点をお教えします。

 茶道がどのように日常生活に役に立つのか学びます。

●講師の茶を点てる所作を観察します。

 観察力、集中力を高めます。

●お菓子、御抹茶を頂きます。

 お茶会でも役に立つ所作を学びます。

 

第2回 所作を知る

●所作の手順と内容を理解します。

理解力を高めます。

●道具の名前と役割を覚えます。

記憶力を高めます。

●一連の所作を分割して、ポイントとなる動きを実践して頂きます。

観察+記憶のトレーニングをします。

●お菓子、御抹茶を頂きます。

前回学んだことの記憶を呼び起こします。

 

第3回 イメージしてから行動することを学ぶ

●茶を点てる一連の所作を、次の手順を考えながら覚えていきます。

集中力、計画力を養います。

●実際に茶を点ててみます。

適度な緊張感を持ちながら、自分の記憶を再生するトレーニングをします。

 

第4回 美しい所作を目指す

●良い姿勢、綺麗な所作を学びます。

茶を点てながら、人に見られていることを意識します。

●呼吸を意識して、リラックスする方法を学びます。

所作を行いながら、脳と身体を総合的に意識することを体感して頂きます。

 

第5回 総仕上げ

●茶を点てる所作の順番を正しく再現しながら、美しい振る舞いを目指します。

●実際にお茶を点てる役(亭主)として、お客様役にお茶を点てて差し上げます。

 

 

第6回 茶会(発表会)120分

●茶会を開催して、お点前を披露して頂きます。

ご家族やお友達を招待することも可能

(参加費500円)。

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

英語で茶道文化「Chado塾」初級コース 第19期受講生募集!

January 16, 2020

1/1
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ